MENU

ゼニカルの効果的な飲み方を教えます

 

※この記事ではゼニカルの効果的な飲み方と飲むタイミングを紹介します。

 

ゼニカルは飲み方によっては効果が下がってしまいますので、
用法用量を守り、適切なタイミングで飲むようにしましょう。

 

 

効果的な飲み方とタイミングとは、
脂っこい食事の後、ゼニカル1錠を60分以内に飲む
ということです。

 

詳しく説明しましょう。

 

 

ゼニカルの効果的な飲み方と飲むタイミングとは?

 

 

ゼニカルの飲み方

  • 1日3回が限度
  • 2時間以上間隔をあける
  • 食事のあとに1錠飲む

 

ゼニカルは「毎食後に飲まなければならない」というものではありません。
まずは、このことを必ず覚えてください。

 

「食事の脂肪分を排泄する」のがゼニカルの役割です。

 

ですから、脂肪分が少ない食事であれば、
ゼニカルは飲む意味はありません。

 

 

飲むタイミングとしては、
脂っこい食事の後
ということになります。

 

例えば、

  • 洋食
  • 中華
  • 肉料理
  • 揚げ物
  • てんぷら

などを食べた後です。

 

これらは脂肪が多く含まれていますが、
ゼニカルを飲めば脂肪分を排出することができます。

 

 

ちなみに、”食後直後”が最も効果的なタイミングです。

 

脂っこい食事を食べたら、すぐにゼニカルを飲むということですね。

 

もし直後が難しい場合は、食後60分以内には飲むようにしましょう。
それでも効き目は発揮されます。

 

ただ、60分を超えてしまうと効果がかなり下がるので気を付けてください。

 

 

あと、食事の前に飲んだら効果は落ちます

 

ゼニカルの効果は1〜2時間ほどです。

 

早過ぎるタイミングで飲むと、
「ゼニカルの効果が下がってきてから食事をする」ということになってしまいます。

 

飲むタイミングとしては、食後直後もしくは食後60分以内がベストです。

 

 

それから、ゼニカルを飲んだら、最低でも2時間はおいてから次のゼニカルを飲んでください。
続けて飲むと副作用が出やすくなります。

 

 

ゼニカルと一緒に飲んではいけない薬は?

 

 

  • チラージン
  • 抗てんかん剤
  • レポチロキシン
  • アミオダロン
  • シクロスポリン
  • 抗凝血薬(ワルファリンなど)

 

これらの薬とゼニカルを同時に飲むのはNGです。

 

薬が効きすぎたり、どちらかの効き目が消えたりする場合があるからです。

 

これらの薬を使っている人は、ゼニカルと同時に飲まないように注意してください。

 

また、これ以外にも使っている薬がある場合は、
医者の許可を得てからにしたほうが安心です。

 

 

アルコールは大丈夫です

 

アルコールはほとんどの薬にとって大敵ですが、
ゼニカルに関してはアルコール同時に飲んでも問題ありません。

 

ただ、お酒は代謝を低下させますので、
痩せたいのであれば飲まないに越したことはありません。

 

 

ビタミンサプリメントを一緒に飲むのがおすすめ

 

 

ゼニカルは脂肪分だけでなく、
ビタミンA、D、Eなどの「脂溶性ビタミン」も排出しまいます。

 

脂溶性ビタミンには

  • ビタミンA:肌の粘膜を健康にする
  • ビタミンD:骨の健康を維持する
  • ビタミンE:抗酸化効果で血管の健康を維持する

といった大切な役割があります。

 

脂溶性ビタミンの不足をカバーするため、
ゼニカルを飲んでいるときはマルチビタミンのサプリメントを飲むことをおすすめします。

 

 

ただし、ビタミンサプリメントとゼニカルを同時に飲むと、
ビタミンの吸収率が悪くなります。

 

ゼニカルとビタミンサプリメントは2時間以上ずらして飲んでください。

 

 

ゼニカルの効果的な飲み方と飲むタイミング まとめ

 

  • 1日3回が限度
  • 2時間以上間隔をあける
  • 飲むタイミングは脂っこい食事の直後または食後60分以内に飲む

 

 

ゼニカルの使い方を間違えると、効き目が下がるだけでなく、
副作用が出やすくなる場合があります。

 

安全に使い続けるためにも、
正しいやり方でゼニカルを飲んでくださいね。

 

 

ちなみに、ゼニカルは病院以外に通販でも購入できます。

 

通販の方が病院に比べて安いですし、処方箋もいりません。

 

くわしくはこちらをチェックしてください。

 

ゼニカルの通販なら、こちら!ジェネリック薬の最安値サイトをご紹介